アルバイトから次のステップアップ!

現在アベノミクスで景気が中々上がらずにアルバイトを含む非正規雇用の割合が増えてきています。しかしアルバイトでも手に職をつけるのは可能なので、アルバイトに満足せず次のステップに進みましょう!

手に職がつくアルバイトとは

手に職がつくアルバイトはいくつかありますが、就職につながるのは介護のバイトです。介護の仕事は人手不足が続いており、各地で職員の募集が行われています。正社員の募集もありますが、アルバイトの募集の数も多くて、経験を問わないものがあります。この仕事は働く施設によって若干違いがありますが、お年寄りの生活の補助が中心になります。食事や入浴、排せつの補助をしていきます。アルバイトとして働き始めたら、介護のことを基礎から勉強することになります。実際に現場でお年寄りに接しながら、お年寄りの生活の補助の仕方を勉強します。一度介護の技術を身に付けたら、それはいろいろな所で生かすことができます。普通の介護施設だけではなく、訪問介護の仕事でも生かせるようになります。介護の仕事は募集が多いので、好条件の仕事を探して、転職することも可能です。
現場で働きながら、介護職員初任者研修と呼ばれる資格を取るのがお勧めです。働く前にこの資格を取っても良いのですが、実際に介護の仕事をしながら、取得した方が取りやすいです。職場によっては、この資格の取得を命じられることもあります。それほど難しい資格ではないので、まじめに勉強すれば、どんな人でも取れます。筆記と実技があり、実技の方は実際に介護の仕事の経験があれば、取り組みやすいです。介護職員初任者研修の資格を取ることができたら、手に職がついた言えます。例えば、自分が働いた施設をやめても、別の施設で働くことが可能になります。介護の上級の資格もあるので、その取得を目指しても良いでしょう。普通の介護職は給料が安くて大変な面がありますが、ケアーマネージャーのような上級職になると、給料が上がり、働きやすくなります。