アルバイトから次のステップアップ!

現在アベノミクスで景気が中々上がらずにアルバイトを含む非正規雇用の割合が増えてきています。しかしアルバイトでも手に職をつけるのは可能なので、アルバイトに満足せず次のステップに進みましょう!

就職が決まりアルバイトが合格しても保留に

現在では、正社員よりも「アルバイト」や「派遣」の仕事の方がたくさんある、とされています。

そのため、実際には大卒であっても卒業後に「アルバイト」だけをして生計を立てている人もおられるほどであり、正社員になれる人は実際には、3人に1人の割合と言われています。

この「アルバイト」に関してですが、利点としては優秀なアルバイトの方の場合には、仕事が出来るという点から将来的には、数年後に「正社員」になれる企業などもある、ということです。

特に居酒屋などやラーメン店舗さんでは、このような「紹介制」などの制度で、店長さんなどが「人事スタッフさん」などに紹介をしてくれて、「優秀であるからこのまま雇いたい、正社員にしてはどうでしょうか」と意見をくれる場合もある、とされています。

その場合には当然、長い期間がかかりますが、例えば学生時代からこのようなアルバイトをしていて、卒業後に「正社員として雇ってあげよう」というアルバイト先もゼロではない、とされています。

これは、アルバイトの期間中に、とても優秀で気配りなどが出来ること、また同時に仕事のほとんどを新人さんとは違い、何年にもわたって覚えている、という利点が大きいことから、正社員としてほしい、と言ってもらえるのです。

また、もし卒業後に自分の希望の職種で採用がまだ決まらない場合には、返事を保留してもらうことも出来ますし、「優秀な人材」の方の場合には、このように引く手あまたになっています。

また、実際に大企業でも、学生時代からアルバイトとしてその勤務をしていた人に関しては、晴れて入社試験で採用された際には、他の新人さんよりも、最初から給与が上乗せされている、ということがあります。