アルバイトから次のステップアップ!

現在アベノミクスで景気が中々上がらずにアルバイトを含む非正規雇用の割合が増えてきています。しかしアルバイトでも手に職をつけるのは可能なので、アルバイトに満足せず次のステップに進みましょう!

副業のアルバイトとしても人気の店舗の交通誘導

スポット的なアルバイトとして働きやすいのが、混雑しないように車両を誘導する交通誘導です。
本業が休みとなる1日を利用して稼げるので、副業のアルバイトとしても多くの方が行っています。
交通誘導は警備員の仕事となっていて、アルバイト中は貸与された制服一式を身に着けるのが普通です。
店舗の交通誘導は、来店されたお客様の車両を空いているスペースへ誘導するのが主な仕事となっていて、配置された位置で他の警備員と無線で連絡を取り合いながら進めていきます。
立場上は警備員となりますが、法律的には一般人と同じであり、あくまでドライバーにお願いをする形になります。
工事現場の交通誘導では片側通行でのストップがよく見られるものの、店舗においては自由に動ける駐車場の出入口や、敷地内の渋滞しやすいポイントで待機し続けるので、それだけ要領が違ってくるのです。
お客様にとってはアルバイトの警備員もスタッフの1人だから、店舗について聞かれる場面も多々見られます。
接客サービスの要素が強いのが店舗における交通誘導の特徴であり、横柄な態度を取っていては会社にクレームが入りかねません。
一定時間毎の休憩があるとはいえ、炎天下の真夏や、凍える冬の空の下でも長時間立ち続けるため、体調管理には常に注意するべきです。
対象となる車両に理解してもらう必要があるので、大きな声でハキハキと指示できることが重要になります。
店舗の交通誘導は、工事現場のように遠方になりにくく、現場までの往復時間として有利になりやすいので人気です。
原則的に日雇いとして扱われるので、給与としては日給扱いになる事例がよくあります。
短時間だけ勤務したい方にはあまり向きませんが、休日を丸々使って稼ぎたい方などが応募しています。