アルバイトから次のステップアップ!

現在アベノミクスで景気が中々上がらずにアルバイトを含む非正規雇用の割合が増えてきています。しかしアルバイトでも手に職をつけるのは可能なので、アルバイトに満足せず次のステップに進みましょう!

保育と博士関係のアルバイトに関して

保育士のアルバイトに関しては、いろいろな地域にあります。

例えば、東京などの都会では、24時間保育園を運営している施設などがあるため、アルバイトなどを応募をすれば、採用してもらえるケースがとても多いです。

保育施設に関しては、特に社会問題となっているように、東京近郊を中心に「保育施設」が足りないということが問題になっています。
また、それに伴い、保育士の数も足りない状況が続いています。

不況の世の中で、多くの人たちが仕事にありつけない状況ですが、保育関係の仕事はとても需要があり、アルバイトなども頻繁に募集がされている状況となっています。

一方で、「博士」になるためには、「大学」を卒業した後にも専門的な知識を、さらに手に入れるために「卒業した大学」または、「別の大学院への進路」が必要になります。
これは、どのようなタイプの博士になりたいのか、という希望によって、「今現在いる大学にそのまま残り、大学院へと進むのか?」それとも、別の専門的な教授などが在籍している大学への「大学院へと進むために試験を受けるのか」によっても、状況はかなり異なってきます。

博士になることは容易ではありません。ただ、教授などの手伝いをしているうちに、つまり、助手として働いているうちに、自分の欲しい専門的な知識などを吸収することが出来たり、またアルバイトとして雇ってもらえることもあります。
ただ、現在、文学系統への博士への道は、国立大学でも一部の大学を除いて、廃部にするという動きが政府から出ていえるため、文系への博士への道に関しては、かなり困難なものとなっています。

または、理系の場合には、「博士」となると、「色々な最先端の研究」などを行う機会にも恵まれる素晴らしい体験が出来ます。