アルバイトから次のステップアップ!

アルバイトから次のステップアップ!

現在アベノミクスで景気が中々上がらずにアルバイトを含む非正規雇用の割合が増えてきています。しかしアルバイトでも手に職をつけるのは可能なので、アルバイトに満足せず次のステップに進みましょう!

アルバイトって税金引かれるの?

今の世の中、WEBデザイナーやプログラマーなどのIT系のアルバイトも多いですが、アルバイトの人たちは税金が引かれないことが多いです。しかし、長期のアルバイトで、フルタイムの場合には税金が引かれる場合も多いです。年収が100万円を明らかに超えると予測されていて、すぐに辞めないという場合には税金が引かれる場合が多いです。例え、税金が引かれていなくても、年収が100万円を超えている場合には税金がかかります。自ら、税務申告して、後から納税することになるので、税金が引かれていない方が良いとは限りません。税金が引かれていて、途中でアルバイトを辞めた場合には、税務申告することで、納めすぎた税金が戻ってくる場合も珍しくありません。税金が引かれていて、生命保険料などの所得控除がある場合には、税務申告することで、多少の還付金がもらえる場合が多いです。
フルタイムで長期のアルバイトなら、税金が引かれることが多いですが、職場次第という面もあります。気になるなら、面接時にどうなるのかを確認しておけば良いです。所得税に関しては引かれるが、住民税に関しては個人で納めなければならない場合も多いです。住民税が引かれていないなら、後から納付する必要がある可能性もあるので注意が必要です。
パートタイムの場合には、大した給与にならないので、税金が引かれていない場合が多いです。また、税金がかからない場合も多いので、税金が引かれるかどうかを心配する必要はありません。所得税がかからなければ、基本的には住民税もかからないので、税金が引かれることはないのです。ただし、パートタイムでも、給与が高い場合には、税金が引かれることがあります。パートタイムだから、絶対に税金がかからないと思うのは早急です。気になるなら、面接時にどうなるのかを職場の人に確認すべきです。